がん治療への各種取組み がんに関する診療実績(院内がん登録)

子宮体がん

子宮体がんの診断、治療、経過観察への流れがわかります。また、久留米大学病院の子宮体がん診療の実績と特徴を記載しています。

はじめに

子宮体がんとは子宮体部の内膜より発生するがんであり、子宮内膜がんとも言われます。

生活形態が欧米化したこともあり、近年子宮体がんは急速に増加しています。もともと我が国では子宮頸がんの患者数が多かったのですが、2008年以降は子宮体がんが子宮頸がんの患者数を上回っています。また子宮体がんは更年期以降の発症が多かったのですが、最近では若年者の患者が増加傾向にあるのも問題となっています。

子宮体がんの主な症状は、不正性器出血です。特に閉経周辺期、あるいは閉経以降に不正性器出血を認めた際は、頸がん検診だけではなく体がん検診も受けられることをお勧めします。

子宮体がん発症の危険因子としていくつかの要因が明らかになっています。肥満、未産、糖尿病、遅い閉経、エストロゲン単独でのホルモン補充療法などがあり、一方で発症の予防因子として妊娠や経口避妊薬(エストロゲン、プロゲスチン合剤)の使用があげられています。

診断

子宮体がんの診断は、頸がん同様に細胞診検査を行い、異常を認めた場合は子宮内膜組織診検査(生検)を行います。子宮内膜組織診検査は、外来で行う部分掻爬術や吸引組織診検査と麻酔をかけて行う全面掻爬術に分けられます。部分掻爬術で結果が出なかった場合や、より正確な組織診断を行う必要がある場合には、麻酔下に子宮内膜全面掻爬術を行います。

子宮体がんの進行期決定は頸がんと異なり、手術を行わずして正確な進行期決定はできません。しかし術前にがんの拡がりや転移の有無を確認するためにCT検査やMRI検査などの画像検査を行うことが一般的です。また必要と判断された場合は、大腸内視鏡検査などを行うこともあります。

治療

1.外科的治療

進行期決定と治療の目的でまず手術を行います。原則手術は開腹手術で行います。手術では通常子宮と両側の卵巣卵管を摘出し、骨盤内リンパ節と傍大動脈リンパ節を郭清します。また特殊な組織型の体がんに対しては大網切除術と虫垂切除術を追加します。ただし術前の精密検査で子宮筋層へのがん浸潤は認められないと推定されたⅠA期(がんが子宮体部筋層に浸潤していないか、浸潤していても筋層浸潤が50%未満の場合)の場合、当科では傍大動脈リンパ節郭清は行わず、また骨盤内リンパ節も生検(試験的に一部のリンパ節を切除)にとどめています。また、条件をみたせば腹腔鏡手術を行うことも可能です。

2.化学療法

手術で摘出した臓器は病理組織検査を行い、進行期決定を行います。ⅠB期(がんの子宮体部筋層への浸潤が50%以上を認める)以上のがんやⅠA期であっても特殊な組織型(漿液性がん、明細胞がんなど)は、再発のリスクを下げるために追加の抗がん剤治療をお勧めします。また再発してきたがんにも抗がん剤治療が行われます。

3.放射線治療

我が国では子宮体がんの術後追加治療として放射線治療を選択することは通常はありません。ただし合併症のため抗がん剤治療が出来ない方などの場合は、放射線治療を行うこともあります。

治療成績

当科における子宮体がんの進行期別生存率を表したグラフを示します。

院内がん登録情報

2013年に久留米大学病院に初発で受診され、当院で初回の治療を受けた子宮体がんの患者さんは71例です。ステージⅠの症例が80%以上を占めています。

久留米大学病院で治療を受けた患者さんの進行度をUICCのTNM悪性腫瘍の分類に従った集計を示しています。治療は、ステージⅠには手術単独療法が多く、進行すると薬物療法が併用されています。

担当部門と専門医

部門 担当医 外来診療
産婦人科 牛嶋公生 月・水曜日午前
駒井 幹 月・金曜日午前、金曜日午後
河野光一郎 水曜日午前
津田尚武 金曜日午前
西尾 真 月曜日午前
寺田貴武 金曜日午前
松隈 健
桃嵜正啓 水曜日午前
那須洋記 水曜日午前、木曜日午後
放射線科 角 明子
病理学 眞田咲子
病理部 山口知彦

患者さんご紹介の際には「紹介予約センター」をご利用ください。
予約専用フリーダイヤルTEL:0800-200-4897、FAX:0800-200-9489
紹介予約センター直通TEL:0942-27-5673、FAX:0942-31-7897

  • がんに関するご相談 がん相談支援センター TEL:0942-31-7903 受付:平日9:00〜16:30
  • 地域医療連携について
  • がん相談支援センター
  • セカンドオピニオン外来
  • キャンサーボード(がんに関する検討会)
  • がんサロン(がんに関する交流会)
  • がんに関する診療実績(院内がん登録)
  • がん教室(がんに関する勉強会)
  • 専門医のご紹介
  • 臨床治験、がん研究
  • ポスター書類書式