がん治療への各種取組み がんに関する診療実績(院内がん登録)

卵巣がん

卵巣がんの診断、治療、経過観察への流れがわかります。また、久留米大学病院の子卵巣がん診療の実績と特徴を記載しています。

はじめに

卵巣は子宮の左右に一つずつ存在する臓器です。閉経するまで女性ホルモンの分泌や排卵に携わります。月経があっている女性の卵巣は径3-4cmですが、閉経後は委縮して小指の先くらいしかありません。この卵巣に発生するがんが卵巣がんです。 卵巣がんは中高年女性に多い病気ですが、進行するまで無症状で経過するため進行した状態で発見されることが多く、腹部膨満感や腫瘤を触れて、近くの病院で腹部エコー検査受けられて見つかることも少なくありません。数ヶ月前まで普通にはいていたスカートがはいらなくなり、最近太ったかなと思ったら産婦人科も受診されることをお勧めします。卵巣は非常に小さな臓器のため、内科などで用いられる腹部エコーでは小さな卵巣腫瘍はなかなかわかりません。産婦人科で行われる経腟エコー検査が簡便で有用な検査です。

診断

卵巣には良性の腫瘍も多くできます。卵巣はお腹の中に存在する臓器のため、子宮がん検診のように簡単に細胞や組織を採取することができません。がんの診断は、腫瘍を切除したうえで病理組織検査によって行われます。お腹のうえから腫瘍に針を刺して細胞を採取することは、悪性の場合がん細胞をお腹の中に散らせてしまう可能性があるため禁忌とされています。卵巣腫瘍が見つかった場合は、原則手術により腫瘍を摘出し、病理組織検査を行います。当科では、まず卵巣腫瘍を摘出し、術中に迅速組織検査を行います。手術中に診断を行い、その場で手術法を決定します(ただし夜間や休日の緊急手術の場合は迅速組織検査は行われません)。

術前にはエコー検査以外にMRI検査やCT検査などの画像による精密検査を行うことで腫瘍の性状やがんの可能性、他臓器転移の有無を推測します。また卵巣がんの可能性がある場合には、大腸内視鏡検査や膀胱鏡検査も行い、転移や浸潤の有無を確認します。また血液検査で行う腫瘍マーカのチェックも必ず行います。これら検査で良性悪性どちらの可能性が高いのかを判断しますが、診断の確定のためにはやはり腫瘍の摘出による病理組織検査が必須です。

治療

1.外科治療

卵巣がんに対する基本手術は、子宮摘出術、両側付属器(卵巣と卵管)摘出術、大網切除術、虫垂切除術、骨盤内リンパ節郭清術、傍大動脈リンパ節郭清術です。卵巣がんは最初に行う手術で、できるだけ腫瘍を減量することが望まれます。お腹のなかのがんを出来るだけ摘出することで、患者さんの予後向上が期待できます。そのため基本手術以外に、腸管などの他臓器を一部切除したりすることもあります。摘出した臓器を評価し、進行期決定を行います。 若年者に多く発生する卵巣がん(胚細胞腫瘍)に対しては、術後の化学療法を前提として、子宮やがんに侵されていない側の卵巣を残し、その後の妊娠の可能性を残す手術も行われる場合があります。

2.化学療法

手術で摘出した臓器は病理組織検査を行い、進行期を決定します。卵巣がんは比較的抗がん剤が効きやすい腫瘍と言われており、術後の再発率を下げるために一部の早期がんの場合を除いて、ほとんどの場合に術後の抗がん剤治療が行われます。現在の標準治療ではパクリタキセルとカルボプラチンという二種類の薬を点滴で3週ごとに投与する方法で、6回繰り返します。治療開始前に他の臓器への転移や腹腔内にがんが散っている場合(播種転移)が認められ、手術による切除が困難と考えられる場合は、まず化学療法を行い、転移したがんを縮小させた後に手術を行う治療法も行われるようになってきました。

3.放射線治療

卵巣がんでは腹部全体が原発巣と考えられるため、手術後にて放射線治療を行うことはありませんが、限られた部位に再発した場合、症例によっては放射線が行われる場合があります。

治療成績

当科における卵巣がんの進行期別生存率を表したグラフを示します。

院内がん登録情報

2013年に久留米大学病院に初発で受診され、当院で初回の治療を受けた卵巣がんの患者さんは50例です。

久留米大学病院で治療を受けた患者さんの進行度をUICCのTNM悪性腫瘍の分類に従った集計を示しています。骨盤外に進展するステージⅢの症例が最も多く、47%を占めています。治療は比較的早期の症例には手術単独療法が選択される場合がありますが、進行症例には手術療法に薬物療法が併用されています。

担当部署と専門医

部門 担当医 外来診療
産婦人科
(婦人科部門)
牛嶋公生 月・水曜日午前
駒井 幹 月・金曜日午前、金曜日午後
河野光一郎 水曜日午前
津田尚武 金曜日午前
西尾 真 月曜日午前
寺田貴武 金曜日午前
松隈 健
桃嵜正啓 水曜日午前
那須洋記
放射線科 角 明子
病理学 眞田咲子
病理部 山口知彦

患者さんご紹介の際には「紹介予約センター」をご利用ください。
予約専用フリーダイヤルTEL:0800-200-4897、FAX:0800-200-9489
紹介予約センター直通TEL:0942-27-5673、FAX:0942-31-7897

  • がんに関するご相談 がん相談支援センター TEL:0942-31-7903 受付:平日9:00〜16:30
  • 地域医療連携について
  • がん相談支援センター
  • セカンドオピニオン外来
  • キャンサーボード(がんに関する検討会)
  • がんサロン(がんに関する交流会)
  • がんに関する診療実績(院内がん登録)
  • がん教室(がんに関する勉強会)
  • 専門医のご紹介
  • 臨床治験、がん研究
  • ポスター書類書式