がん治療への各種取組み がんに関する診療実績(院内がん登録)

皮膚がん

皮膚がんの診断、治療、経過観察への流れがわかります。また、久留米大学病院の皮膚がん診療の実績と特徴を記載しています。

はじめに

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの部分に大きく分かれます。さらに表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層に分かれます。基底層(表皮最下層)と真皮の間には基底膜があります。真皮~皮下組織にかけて、毛包・脂腺・汗腺という表皮と構造の類似した皮膚付属器があります。真皮・皮下には他に脂肪織・血管・立毛筋などの上皮以外の重要な組織と神経があります。これらのうち、表皮と皮膚付属器の細胞が悪性化したものを総称して「皮膚がん」と呼びます。ごく稀なものまで含めると種類は非常に多いです。

皮膚の異常は直接目で見ることができるので、皮膚がんは早期に発見できる可能性が高い反面、自分で良性と判断し様子を見ていて発見が遅れる場合もあります。慢性に紫外線を浴び続けることや大量に浴びた放射線により皮膚がんが発症することはよく知られています。昔に負ったひどいヤケドやケガのキズ痕や何年も治らないジクジクした皮膚病の一部から皮膚がんができることもあります。一方、ホクロや湿疹だと思っていたら、実はがんだったという例もあります。皮膚にできた病変を見つけて「気になる」と思われたら、自分で勝手に判断せずに、面倒でも一度は皮膚科専門医に見せることが重要です。最も一般的な種類は基底細胞がんと有棘細胞がんで、これらは非メラノーマ皮膚がんと呼ばれます。非メラノーマ皮膚がんは体の他の部位まで拡がることは稀です。一方、メラノーマは周辺組織に浸潤し、体の他の部位まで拡がる可能性がより高くなり時には手遅れになることも稀ではありません。

診断

1.ダーモスコピー検査

ダーモスコピー検査とは、ほくろなどの病変部に超音波検査用のジェルを塗布してから、ダーモスコープという特殊な拡大鏡を皮膚面に当て、皮膚に分布するメラニンという色素や毛細血管の状態を調べる検査です。皮膚を観察して、デジタルカメラで記録するだけの簡単な検査で、痛みは全くありません

2.病理検査

異常にみえる増殖部のすべてまたは一部を皮膚から切除し、病理医が顕微鏡下で観察して、がんの徴候がないかを調べます。主に3種類の皮膚生検があります。 薄片生検:滅菌処理したカミソリの刃を用いて異常にみえる増殖部を削り取ります。パンチ生検:パンチまたは穿孔器と呼ばれる専用の器具を用いて異常にみえる増殖部から組織を円形に取り除きます。切除生検:メスを用いて全ての増殖部を取り除きます。

3.センチネルリンパ節生検

悪性黒色腫の病期(ステージ)診断に用いられる。リンパ管を通じて最初に流れ着くリンパ節がセンチネルリンパ節であり、センチネルリンパ節に転移がないと判断された場合はリンパ節郭清が省略でき、運動障害や知覚異常、浮腫やむくみ(リンパ浮腫)などの後遺症を軽減することができメリットがある。 ただし、偽陰性(センチネルリンパ節以外のリンパ節に転移がある)が、ある割合で存在するため、リンパ節転移のある人を見逃す危険性もある。この検査は保険適応されていますが、保険で認可されている限られた専門病院でしか受けることができません。

4.CT検査/MRI検査

CTは、X線を使って体の内部を描き出し、治療前に転移や周辺のがんの広がりを調べる。MRIは磁気を使用する。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。ヨードアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要がある。

5.超音波検査

体に超音波をあてて、その反響で体内の状態を調べる方法。原発巣(最初に発生したがん)の進行度の重要な指標である厚さを予測し、リンパ節などへの転移の検索に役立つ。

6.PET検査

放射性ブドウ糖液を注射し、その取り込みの分布を撮影することで、全身のがん細胞を検出する検査。

7.腫瘍マーカー検査

血液検査で腫瘍マーカーの値を参考にすることもある。しかし腫瘍マーカーはかなり進行した段階で上昇するものなので、早期診断に有用とはいえない。

治療

1.外科療法

腫瘍の周りの正常に見えるところを含めて、幅も深さも余裕をもって切除する必要があります。これは、腫瘍そのものだけを切除しても、再発や転移をおこす可能性があるためです。手術により皮膚の欠損が大きくなった場合には、皮弁または植皮術をはじめ、形成外科的な方法で傷を治します。 またリンパ節転移などを認める症例において所属リンパ節郭清術を行います。

2.凍結療法

液体窒素を使って癌組織内の温度が-20~-50℃になるように冷やし、癌細胞を凍結壊死させる方法です。凍結療法は治療時や治療後の身体への影響の少ない方法なので、高齢の方や持病のために身体の具合が悪い方にも適しています。

3.放射線療法

有棘細胞がんは皮膚がんの中でも放射線療法がよく効くもののひとつです。一般的に、X線や電子線を専用の器械を使って身体の外側から照射する方法がとられます。通常1回の照射は短時間で終わるため、放射線療法は通院しながら受けることも可能です。皮膚がんの種類によっては放射線の効果が得られにくい癌腫もあります。

4.化学療法

ある程度がんが進行している場合には、全身療法である化学療法が治療の中心となります。また、有棘細胞がんは頭、顔、首など人目につく部位にできることが多いので、切除する部分が少なくてすむように、手術前に抗がん剤でがんをできるだけ小さくしておく場合もあります。 皮膚がんの中でも悪性黒色腫の化学療法の進歩は目覚ましいものがあり悪性黒色腫に注目して化学療法を述べたいと思います。

1) 分子標的薬

2014年12月26日、抗悪性腫瘍薬ベムラフェニブ(商品名ゼルボラフ錠240mg)の製造販売が承認されました。適応は「BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫」で、1回960mgを1日2回経口投与します。BRAFは、細胞増殖のシグナル伝達で重要な働きを示すキナーゼ蛋白質である。転移性悪性黒色腫の約50%で、アミノ酸配列600番目のバリンが変異したBRAF(BRAF V600)が発現しており、恒常的に活性化して細胞増殖を促進していると考えられています。
今回承認されたベムラフェニブは、BRAF V600キナーゼを選択的に阻害することで、がん細胞の増殖を抑制し抗悪性腫瘍効果を発揮する、新しい作用機序を有する低分子の分子標的薬です。化学療法歴のないBRAF V600遺伝子変異を有する根治切除不能な3/4期の悪性黒色腫患者を対象とした海外第3相臨床試験(NO25026試験)で、対照薬群に対して全生存期間および無増悪生存期間を有意に延長し、奏効率にも有意差が認められた。日本でもBRAF V600遺伝子変異を有した患者を対象に第1/2相臨床試験(JO28178試験)が行われ、日本人における有効性と安全性が確認されています。
国内臨床試験で全例に副作用が認められていることに注意が必要であり、主な副作用は、関節痛・発疹(各90.9%)、筋骨格痛・脱毛症(各63.6%)、疲労(54.5%)などでありました。海外での臨床試験などから、重大な副作用として有棘細胞癌や悪性腫瘍(二次発癌)、アナフィラキシー、過敏症などが認められてます。
なお、本薬の適応患者を特定するため、BRAF V600遺伝子変異を検出するコンパニオン診断薬が既に保険収載され、発売されている。

2) 免疫チェックポイント阻害薬

これまでの免疫療法では、免疫機能の攻撃力を高める方法が中心でしたが、最近、がん細胞が免疫のはたらきにブレーキをかけて、免疫細胞の攻撃を阻止していることがわかってきました。そこで、がん細胞によるブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にしてがん細胞を攻撃できるようにする新たな治療法が考えられました。その中でも、現在では免疫チェックポイントと呼ばれているブレーキ役の部分を阻害する薬(免疫チェックポイント阻害薬)が悪性黒色腫にて日本で初めて使用されるようになりました。
わが国では2014年7月4日にヒトPD-1に対するヒト型IgG4モノクローナル抗体であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ)が根治切除不能な悪性メラノーマの治療薬として、厚生労働省より製造販売を取得した。第3相国際臨床試験の結果によると、オプジーボはBRAF遺伝子変異のない転移性メラノーマ患者に対し、ダカルバジンを用いた化学療法よりも全生存期間を改善しました。オプジーボは、PD-1とPD-1リガンド(PD-L1およびPD-L2)との結合を阻害することで、がん細胞により不応答となっていた抗原特異的T細胞を回復・活性化させ、抗腫瘍効果を示します。2015年7月3日、ヒト型抗ヒトCTLA-4モノクローナル抗体であるヤーボイ(一般名:イピリムマブ)が、根治切除不能な悪性黒色腫を適応として、厚生労働省より製造販売承認を取得しました。ヤーボイは、根治切除不能な悪性黒色腫患者を対象とした海外第3相試験において、BRAF変異にかかわらず、対照群と比較して統計学的に有意な全生存期間の延長を示した世界で初めての薬剤です。また、近年がん治療において大きな注目を集めているがん免疫療法と呼ばれる免疫チェックポイント阻害薬として世界で初めて承認された薬剤です。2011年3月、米国において切除不能又は転移性悪性黒色腫の適応で承認されて以降、欧州、オーストラリア、カナダを含めこれまでに世界50ヵ国以上において承認されています。また、多くの国で抗がん剤の治療歴に関わらず、根治切除不能な悪性黒色腫に対する標準治療として使用されています。ヤーボイは、T細胞の活性化を抑制する調節因子である細胞傷害性Tリンパ球抗原-4(CTLA-4)の働きを阻害することで、活性化T細胞における抑制的調節を遮断し、腫瘍抗原特異的なT細胞の活性化と増殖を促進させ、腫瘍増殖を抑制します。また、制御性T細胞(Treg)の機能低下及び腫瘍組織におけるTreg数の減少により腫瘍免疫反応を亢進させ、抗腫瘍効果を示すと考えられています。

院内がん登録情報と治療成績

2013年に久留米大学病院に初発で受診され、当院で初回の治療を受けた皮膚がんの患者さんは120例です。

久留米大学病院で治療を受けた患者さんの進行度をUICCのTNM悪性腫瘍の分類に従った集計を示しています。転移がない最大径2 cm以下のステージⅠまでの症例が7割以上を占めています。治療は手術療法が主に行われ、がんの進行とともに放射線治療や薬物療法が併用される割合が増えています。

担当部署と専門医

部門 担当医 外来診療
皮膚科 名嘉眞武國 月曜・木曜日午前
大畑千佳
石井文人 火曜・金曜日午前
大山文悟 火曜・木曜日午前
橋川恵子 月曜・火曜・木曜日午前
猿田 寛 月曜・水曜日午前
夏秋洋平 月曜・木曜日午前
放射線科(放射線治療)
病理部

患者さんご紹介の際には「紹介予約センター」をご利用ください。
予約専用フリーダイヤルTEL:0800-200-4897、FAX:0800-200-9489
紹介予約センター直通TEL:0942-27-5673、FAX:0942-31-7897

  • がんに関するご相談 がん相談支援センター TEL:0942-31-7903 受付:平日9:00〜16:30
  • 地域医療連携について
  • がん相談支援センター
  • セカンドオピニオン外来
  • キャンサーボード(がんに関する検討会)
  • がんサロン(がんに関する交流会)
  • がんに関する診療実績(院内がん登録)
  • がん教室(がんに関する勉強会)
  • 専門医のご紹介
  • 臨床治験、がん研究
  • ポスター書類書式