部門のご紹介

緩和ケア部門

緩和ケアとは?

がんなどの生命を脅かす病気に関連する問題に直面している患者さんとそのご家族に対して、病気がわかった時点から、痛み、だるさ、息苦しさなどのからだの問題 や 眠れない、不安、気分の落ち込み、イライラなどのこころの問題、仕事や退院後の日常生活への不安などの社会的問題、生きる意味への問いかけなどスピリチュアルな問題などに取り組みます。問題を的確に評価し、大きな障害にならないよう予防・緩和対応を行い、患者さんとご家族の生活の質が改善することを目的とした取り組みです。
【2002年 世界保健機構(WHO)による緩和ケア定義の意訳】

緩和ケアは、病気の時期に関係なく、患者さんとご家族がつらいと感じた時から受けることができます。現在行われている治療と並行して行うこともできます。

久留米大学病院で緩和ケアを受ける場合
 1)病院でのがんの治療中“緩和ケアチーム”利用
 2)専門病棟に入院して緩和ケアを集中的に受ける“緩和ケアセンター”利用

の2つの方法があります。
自宅での療養中に受ける“在宅ケア”へのご紹介・連携も行っています。
さまざまな選択ができるようお手伝いします。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、病気がわかったその時から“あなたがあなたらしく”生活を続けていけるよう、患者さんとご家族をサポートします。主治医や看護師とともに、患者さんやご家族のつらさが軽減できるよう一緒に考えていきます。「つらい」と感じた時には、我慢せず主治医や看護師に伝えてください。 緩和ケアチームは、からだの担当医師、こころの担当医師、看護師(緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師を含む)、薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師を含む)、医療ソーシャルワーカー、がん専門相談員、管理栄養士、理学・作業療法士の多職種メンバーで構成されています。

からだの担当医師 痛み、息苦しさ、だるさなど 身体のつらい症状の緩和を担当
こころの担当医師 不眠、不安、気分の落ち込み、イライラなどの症状の緩和を担当
看護師 患者さんやご家族の思いを大切に、身体や心のつらさが緩和できるよう病棟スタッフや関連する医療チームと協働しながらケアにあたります。
また、治療や生活などへの不安や気がかりな事へのサポートも行います。
薬剤師 お薬を安心して飲めるように効果や副作用について説明します。
症状を和らげるお薬について考えたり、可能なかぎり工夫して飲みやすくします。
医療ソーシャル
ワーカー
患者さんの療養生活を支援します。
生活に関する様々な不安や悩みについて相談にのっています。
がん専門相談員 がん相談支援センターに所属する看護師です。
がんに関する情報提供や個別の相談に対応しています。
管理栄養士 患者さんの食べたいもの、食べやすいものを伺い、その要望に出来るだけ沿った
食事が提供できるよう、工夫します。

理学・作業療法士

治療によって低下した筋力や関節が硬くなったことで日常生活に支障をきたします。
そこで楽に生活ができるよう予防・改善を行います。
また気持ちのつらさにも寄り添ってリハビリを行っていきます。

緩和ケアセンター(病棟)

緩和ケアセンターは、平成10年8月に開設されました。
病棟は久留米大学病院本館の最上階西棟14階にあります。
全室個室16床(有料部屋8床、無料部屋8床)、ゆっくりとしたディルームがあり、ディルームから続くテラスからは、脊振山、筑後川、JR新鳥栖駅からJR久留米駅区間の九州新幹線、久留米市役所、成田山慈母大観音像と広大な景観が一望できます。スタッフは、笑顔を絶やさず緩和ケアマインドを大切にし、患者さんとそのご家族に寄り添いながら、笑顔で過ごしていただけるように頑張っています。チーム医療の充実にも努め、医師、看護師(緩和ケア認定看護師を含む)、看護助手、薬剤師、栄養士、理学・作業療法士、医療ソーシャルワーカー、ボランティアという多職種で、季節の行事や大切な記念日のお祝い、外出外泊への支援、在宅療養への支援などを行っており、患者さんとそのご家族が穏やかで有意義な日々を送れるよう一緒に考えていきます。

連絡先
緩和ケア病棟 TEL:0942-31-7759
緩和ケア外来 TEL:0942-31-7624 (内線 6242)