部門のご紹介

放射線治療部門

がん治療は、手術・放射線療法という局所療法と、化学療法・分子標的治療・免疫療法という全身療法に分けられますが、現在はこれらの組み合わせによる集学的治療が主体となり、放射線療法が活躍できる分野も広がってきました。
放射線療法は、

①患部の機能・形態の温存に優れている
②(例外はあるものの)いかなる部位においても治療が可能である
③合併症が少なく、高齢者にも適応できる

という利点がある一方、長期生存が可能な場合における合併症・二次がんの問題等も考慮しなければなりません。
現在のがん治療における放射線療法の割合は、欧米諸国が約60%(米国66%、ドイツ60%)であるのに比べ、日本は約25%にすぎませんが、2015年には40%が放射線療法を受けると推定されています。
近年、IT技術の大いなる発展によって、放射線療法の技術は加速度的に発展しました。
数年前までは放射線療法が可能な臓器も限られていましたが、現在は悪性リンパ腫・脳腫瘍・頭頸部がん・肺がん・乳がん・食道がん・膵臓がん・子宮がん・前立腺がんなど、画像で確認されるほとんどの腫瘍は、放射線療法の適応になります。
最新の放射線療法は、CT治療計画装置を用いた治療方法を基本に、IMRT(強度変調放射線治療)、IGRT(イメージガイド下放射線治療)、定位照射(体幹部・頭頚部)、ブラキセラピー、トモセラピー、粒子線治療など多岐にわたります。
粒子線治療以外は国民健康保険で認められていますが、特殊な治療については疾患が決められている場合もあります。
久留米大学病院放射線治療センターでは、3次元治療計画によるX線治療を主に、IMRT、前立腺がんのブラキセラピーを行っています。

最新がん治療 -重粒子線治療-

粒子線治療には陽子線治療と重粒子線治療とがあり、陽子線は水素イオンを、重粒子線は炭素イオンを利用しています。ピンポイントで病巣にダメージを与えることができる重粒子線治療は、周囲の正常細胞へのダメージ(=副作用)を最小限に抑えることができます。
(下記の図)つまり、腫瘍病巣に対し、優れた線量の集中性と高い生物学的効果を合わせもち、従来の放射線治療の概念と異なる新しい治療方法なのです。

久留米大学病院は、平成25年5月に開院した鳥栖の九州国際重粒子線がん治療センター(HIMAT)と平成24年8月に医療機能連携協定を結びました。平成24年9月より内科総合外来の中に粒子線外来を設置し、各種疾患に関する粒子線治療の相談を受けています(完全予約制)。

放射線治療センター
場  所 久留米大学病院 放射線治療センター
受付時間 診察日については、都合により変更させて頂くことがありますので、事前にお問合せいただきますようお願い申し上げます。
連 絡 先 TEL:0942-31-7627 / FAX:0942-31-7712